話題の人

平田竹男wiki経歴!出身大学や高校は?早稲田教授で研究室やゼミの内容は?

元日本サッカー協会専務理事で現在内閣官房参与の平田竹男氏ですが、どのような経歴やプロフィールをお持ちの方なのでしょうか。

現在は東京オリパラの事務局長としても活動されていますが、実は早稲田大学の教授という肩書もありました。

今回は平田竹男氏がどのようなかたなのか、wikiプロフィールや経歴、出身大学や高校をしらべていきたいと思います。

この記事で分かること

平田竹男のwikiプロフィール

平田竹男の経歴

平田竹男は早稲田大学教授!研究室やゼミ内容

平田竹男のwikiプロフィール/出身大学と高校

平田竹男内閣官房参与の出身大学横浜国立大学経営学部で、出身高校は大阪府立大手前高校です。

顔画像がこちらです。


引用元:career groove

 

wikiプロフィールを確認していきましょう。

名前:平田竹男

読み方:ひらたたけお

生年月日:1960年1月16日(2021年8月現在61歳)

出身地:大阪府

出身高校大阪府立大手前高校

出身大学:横浜国立大学



平田竹男の経歴

平田竹男氏の経歴をまとめました。

 

1982年:横浜国立大学卒業ー経済産業省入省

1987年:ハーバード大学 公共経営修士(MPA)取得

1989年:産業政策局サーブし産業室補佐 Jリーグ発足に尽力

2002年:日本サッカー協会専務理事(現・名誉副会長)

2002年:日韓サッカーワールドカップ招致

2006年:早稲田大学大学院スポーツ科学研究科教授

2007年:楽天株式会社社外監査役

2009年:日本陸上競技連盟幹事

2010年:東京マラソン財団理事

2013年:内閣官房参与

2016年:日本スポーツ産業学会会長

2017年:三越伊勢丹社外監査役

2018年:Tリーグ(卓球)理事

2020年:三越伊勢丹社外取締役(現・退任)

2020年:内閣官房参与

 

小学4年生から大学2年までサッカーをしていたそうです。

中学時代には

  • プロサッカーをつくる
  • W杯を日本で開催
  • サッカーくじ(toto)をつくる

という夢を持っていたそうです。

サッカー選手になることよりもサッカーの楽しみを広げたり、サッカーを盛り上げたいという気持ちがずっとあったようですね。

 

現在までサッカー以外にも多くのスポーツに関わる仕事をしてきたことが分かります。

編著をふくめ15冊以上のスポーツビジネスに関する本を出されています。


ゴルフ好きとして知られていますが、実はゴルフを始めたのは47歳のときだそうです。

早稲田大学の研究室にプロゴルファーやゴルフコーチなどが入ってきたことがきっかけに、指導のためにゴルフを猛勉強したそうです。



平田竹男は早稲田大学教授!研究室やゼミの内容は?

平田竹男氏は2006年から早稲田大学の教授として教鞭をとっていて、現在はスポーツ科学学術院で研究室を持っているほか、エネルギーや環境についての講義も担当しています。

 

平田竹男研究室の研究内容は以下の通りです。

近年急速に進展を遂げるトップスポーツビジネスの世界をとりまくスポーツビジネスおよびエンターテイメントビジネス(以下、トップスポーツビジネス)に関して、IT産業の発展および、マネジメント手法の進化を踏まえ、それぞれの競技団体やクラブ・球団の経営課題に対する解決方法を究明するための調査、研究能力を開発する。そのため、トップスポーツビジネスに関する基礎知識を既に有していることを前提に、具体的な先進事例の学習。定量的手法の習得を重ね、経営学、経済学、行政、政治学、法学、スポーツ産業学の諸理論について深く学び、総合的な視点を持って研究を行う

引用元:平田竹男研究室

 

教え子には有名な方がたくさんいます。

シダックス     :志太勤

元読売ジャイアンツ :桑田真澄

競艇選手      :江口晃生

プロテニス協会理事長:佐藤直子

プロレスラー    :ケンドウカシン

講談社社長     :野間省伸

元サッカー日本代表 :相馬直樹

元卓球選手     :松下浩二

政治家       :中山泰秀



まとめ

今回は平田竹男wikiプロフィールや経歴をご紹介しました。

出身大学は横浜国立大学ですが、ハーバード大学で修士をとっています。

現在は内閣官房参与としてだけでなく、早稲田大学の教授としてもご活躍なさっていました。