話題のニュース

ビートたけし裁判理由は再婚相手の嫁?2021現在の年収は?

ビートたけしさんが、バンダイナムコアーツを相手撮って裁判を起こし、損害賠償を請求ているということですが、いったい何があったのか理由や原因が気になりますね。

ビートたけしさんと言えば2020年2月に18歳年下の一般女性A子さんと再婚したことが話題になっていましたが、もしかすると再婚相手の嫁も裁判を起こした理由になっているかもしれません。

お金に全く困ってなさそうなビートたけしさんが損害賠償を請求するということで、2021年現在のビートたけしさんの年収も気になりますね。

 

そこで今回はビートたけしさんの裁判理由や2021年現在の年収について調査していきたいと思います!

この記事で分かること

ビートたけしさんが裁判中!

ビートたけし裁判理由は再婚相手の嫁?

ビートたけし2021年現在の年収は?

ビートたけし裁判に対する世間の反応

ビートたけしさんが裁判中!

ビートたけしさんが、映画15作品をめぐり、バンダイナムコグループの『バンダイナムコアーツ』を相手取って裁判を起こしていることがデイリー新潮によって報じられました。

報道内容を見ていきましょう。

たけしの訴えは以下の通りである。 「自分は、『HANA-BI』や『座頭市』などの映画15作品について、脚本を書き、監督を務めた『著作権者』である。しかし、国内はともかく、これらの海外使用については、許諾を与えていないのに使用され、しかも対価が一切、支払われていない。著作権侵害に当たるから、損害賠償せよ――」

バンダイナムコアーツはこれまでビートたけしさんが脚本監督を務めた15作品をビデオやDVDで販売してきた会社で、出資もしてきています。

たけしさんの作品はヒットしたものももあればそうでないものもあります。

それでもたけしさんの作品を世に出すために力添えしてきたということで、バンダイナムコアーツにとっては恩を仇で返された…ということになるのかもしれません。



ビートたけし裁判理由は再婚相手の嫁?

ビートたけしさんの裁判理由に再婚相手の嫁も少なからず関わっていると推測されます。

理由はビートたけしさんの100億円という財産が元嫁にわたっているからです。

不倫時には『100億円の愛人』ともいわれていましたが、100億円の財産が元嫁にわたったということで、再婚相手は「お金目当てではない」とされてきました。

しかし、作品の海外使用についての対価が支払われていないということで損害賠償を求めています。

 

ビートたけしさんは離婚時に100億円の財産が全て嫁にわたったことに関して、以下のように知人に話していたそうです。

『オイラ、スッキリしちゃったぜ』って笑いながら頭をかいてましたよ」――。

また、A子さんについても以下のように報じられています。

「この頃から“A子はたけしの財産狙いではないか”“たけしは変わった”“A子以外の意見を聞かなくなった”とA子さんに否定的な報道が増えました」

 

たけしさんは結婚生活を始めた時から、ほぼ別居状態だったわけで“離婚するのに40年かかったよ”と苦笑いしていましたが、数百億円といわれた財産はすべて幹子さんへ渡した。たけしさんに残ったのは現在A子さんと同居する世田谷の自宅だけのようです

引用元:NEWSポストセブン

裁判を起こしたのは2020年2月、再婚は2020年2月にしています。

再婚相手A子さんの理想とする生活は遅れていなかったのかも知れません。



ビートたけし2021年現在の年収は?

ビートたけしさんの2021年現在の年収は数億~数十億だと思われます。

ビートたけしさんのテレビ出演時には芸能人でも最高ランクのギャラが支払われていると言われています。

恐らく1本100万~300万くらいはあるのではないでしょうか。


引用元:IPG番組表

2021年現在でも毎週5本前後はテレビ出演していますし、単純計算してもすごい年収額になりそうですよね。



ビートたけし裁判に対する世間の反応

ビートたけしさんの裁判に対してがっかりしている方が多いようでした。

実際のコメントを見ていきましょう。

俺が大好きだった「ビートたけし」がなぁ(泣) 奥さんと離婚、森社長解雇、独立騒動あたりから「ビートたけし」らしくないんだよなぁ。

 

人間終わりが近くなると寂しくなるんかな

なんで後妻業みたいな女の人に縋り付くのか…
お金あるからこそ揉めるって想像つくじゃん

 

有能な老人も…色と欲には負けるんやな

 

たけしさん、お願いだからこれ以上がっかりさせないでくれ

引用元:Twitter



まとめ

今回は今回はビートたけしさんの裁判理由や2021年現在の年収についてご紹介しました。

ビートたけしさんのテレビ出演は減っていますし、離婚時までにあった財産も全元嫁にわたっていますが、それでもこれまでの作品からの印税等で充分に収入はありそうですよね。

18歳も離れた再婚相手がビートたけしさんに対して全くお金を期待していない、ということはなさそうですね。

 

A子さんは当初『財産目当て』『100億円の愛人』な度と言われていましたが、実際人は元嫁との離婚時に100億円といわれる全財産は元嫁にわたりました。

ただ、バンダイナムコアーツを相手取って裁判中ということで、やはりお金が大きくかかわってきます。

財産目当てではないと言い気れなくなってきたかもしれません。