話題のニュース

大阪なおみが会見拒否!理由と罰金金額は?大会追放の可能性についても

プロテニスプレーヤーの大阪なおみ選手が全仏オープン初戦後の記者会見を拒否したことが話題になっていますが、なぜ会見拒否をしたのか理由が気になります。

5月27日には大阪なおみ選手はTwitterで全仏オープン中の記者会見拒否を表明していたので、日本語に翻訳されたものから理由を見ていきたいと思います。

罰金があるということもありその後の動向を注目していた方も多いと思いましたが、5月30日宣言通りの会見拒否で罰金は何と約160万円!

驚きの金額ですが、プロテニスプレーヤーは会見拒否すると罰金が科せられることは周知されています。

高額な罰金を支払ってまで大阪なおみ選手が会見拒否をする理由は何なのでしょうか。

 

この記事で分かること

大阪なおみ選手が会見拒否する理由

大阪なおみ選手の会見拒否罰金金額は160万

大阪なおみ選手の会見拒否に対する世間の反応

大阪なおみ選手が会見拒否する理由

大阪なおみ選手が会見拒否をする理由は『ジャーナリストがアスリートのメンタルヘルスを配慮していないから』のようです。

大阪なおみ選手は5月27日にTwitter上で全仏オープン中の記者会見は拒否することを宣言していましたが、5月30日宣言通り全仏オープン中初戦後の会見をしませんでした。

大阪なおみ選手の会見拒否宣言のTwitter投稿内容は以下の通りです。


大阪なおみ選手の会見拒否宣言の内容の日本語翻訳がこちらです。

みなさん、こんにちは。

私はローランギャロス(全仏オープン)では記者会見を行わないことを表明します。

アスリートの心の健康状態が無視されていると、記者会見を見たり、参加したりするたびに感じていました。

何度も同じ質問をされたり、私たちが疑念を抱く質問を受けたりすることが多く、私は自分を疑うような人の前には出たくありません。

敗戦後の会見場で泣き崩れる選手の映像を何度も見てきましたし、みなさんも見たことがあると思います。

落ち込んでいる人に追い打ちをかけるようなもので、そんなことをする理由が理解できません。

記者会見に応じないことは、大会に対する個人的な思いとは関係ありません。若い時から私を取材してくれている報道陣もいますし、その大半とは友好的な関係を築いています。

ただ、〝会見するか、さもなくば罰金だ〟と言う大会の統括組織は、選手の心の健康状態を無視しており、笑うしかありません。

(全仏で払うことになる)高額な罰金が心の健康維持の慈善活動に寄付されることを願っています。

引用元:産経新聞

 



元プロテニスプレーヤーの杉山愛さんも以前記者会見について語っていました。

負けたあとなどは頭が整理しにくいので、記者会見に臨むのは決して簡単ではありません。日本人の記者ではあまりいませんが、海外では選手にとってタフな質問、答えるのが難しい質問をしてくるジャーナリストもいます。ストレスを感じている選手も当然いるでしょう。

私自身、タフな負け方をした後など、「何も話すことないよ」と思うこともなくはなかったのです。でも今となっては、会見の要請があって、お話しする機会があるのはありがたいことだったと思っています。

引用元:スポーツナビ

やはりどんな選手でも、負けた後の記者会見は辛いものではあったようですね。

 

しかし杉山愛さんはあるきっかけでの記者会見への意識が大きく変わったようです。

それは、モチベーションスピーカーからの話です。

いくらあなた方が素晴らしいプレーをしようとも、メディアの力がなければ、それを見られるのはそこにいる人たちだけ。メディアがあるから世界中の人たちにあなたたちのプレーを見てもらうこと、知ってもらうことができるのを忘れないでね」と言われたのです。

モチベーションスピーカーとは選手のモチベーションをあげるためにミーティングなどでお話をする方だそうです。

 

テニスの活動を広げるためには確かにメディアの力は必要不可欠でしょう。

大会での賞金は主にスポンサーから出ていると言われていますし、大会賞金以外の収入も選手個人についているスポンサー企業からの収入は大きい割合をしめています。

スポンサーが莫大なお金を出せるのも、選手が使用しているユニフォームや道具、コートに張り巡らされたの大々的な企業のロゴなどがメディアによって宣伝されるからです。

 

テニスプレーヤーとメディアの関係は切っても切り離せない関係でしょう。

試合を終えて自分が感じていることと、記者の方が見ていて感じることの間にギャップがあることもあって、記者会見で「あ、そういうふうに見えたのか」と気付かされることもあります。ですから、選手としては、試合を振り返るために、会見という機会をどう使うかというのも問われると思います。

引用元:スポーツナビ

杉山愛さんは試合中の自分の感情と観客側の視点のすり合わせのためにも会見は大切だとかんじていたようです。

 

言葉ではそういっても、試合後しかも30分以内の会見は負けた場合であればかなりつらいものですよね…

ジョコビッチ選手も2019年に失格になった後の記者会見に出席しなかったため、7500ドルの罰金処分になっています。

 

今の選手1人1人の立場が築きあげられているのは、選手の素晴らしいプレイ、そしてメディアが素晴らしいプレイを世界に報じたからでもあります。

大阪なおみ選手のように決められたルールに疑問を呈することは大切ですし、行動を起こすことはとても勇気が要ることだったと思います。

会見が選手の義務だからといって、どんな失礼な質問をしてもいいかと言われたらそうではありません。

大会はスポンサーやメディアによって支えられているので、大阪なおみ選手の意見行動がそのまま受け入れられるのは難しいことなのかもしれません。

ただ、大会組織側は選手のメンタルヘルスを守るためにも質問をする記者に対して何かしらのアクションをとることが望まれます。



大阪なおみ選手の会見拒否罰金金額は160万

大阪なおみ選手は記者会見の罰金として15,000ドル(約160万円)の支払いが科せられました。

かなりの大きい金額ですが、これは1回の会見拒否での罰金金額です。

今後大会が進み、毎回会見拒否をすればその分罰金は科せられることになると思われます。

グランドスラムの規定に、試合前後の記者会見をしなかった場合、最高20,000ドルの罰金が科せられるとあります。

今回初戦の会見拒否での罰金が15,000ドルだったので、試合が進むにつれ罰金金額があがる可能性も高いのではないでしょうか。

このまま記者会見を拒否し続けた場合、大会追放ということもあるそうです。

大会追放ということになれば、より一層ジャーナリストの質問、メディアの報道について議論は高めることができるかもしれません。

ただ、大阪なおみ選手にとっても大会追放は不本意だとおもいますし、大阪なおみ選手の活躍を見たいというファンはたくさんいると思います。



大阪なおみ選手の会見拒否に対する世間の反応

大阪なおみ選手のの記者会見拒否に対して賛否両論の意見が出ています。

それぞれの言い分を見ていきたいと思います。

大阪なおみ会見拒否擁護派の意見

大阪なおみ選手の会見拒否を支持している方は、やはり「メディアのなんでも質問をしていい」という風潮に疑問を持っているようです。

実際のコメントを見ていきましょう。



大阪なおみ会見拒否批判派の意見

大阪なおみ選手の会見拒否を批判している方は、「プロとしての自覚が足りない」と感じているようです。

実際のコメントを見ていきましょう。



まとめ

今回は大阪なおみ選手の会見拒否の理由、罰金金額についてご紹介しました。

勝手も負けても会見をしなければならないということで、非常にメンタルが削られることかと思います。

大阪なおみ選手の言う通り、インタビュアーの質問に疑問や嫌悪感を感じるものもあるでしょう。

記者は、もっと意味のある、常識と礼儀をもった質問をする必要もあるかもしれません。

杉山愛選手のように「会見で話す機会をありがたい」と思うことはなかなか難しいと思います。

大阪なおみ選手は若い選手なので、メンタル面もまだ作り上げていく過程にあると思います。

今後のプレーヤーとしての活躍のなかで、精神面も強くなっていくかもしれません。

応援しています。