話題のニュース

東出昌大2021現在の年収!不倫発覚前は億プレーヤー?養育費が少なすぎて批判殺到!

東出昌大さん杏さんへ支払っている子供3人への養育費が1人1万円ということが発覚し批判が集まっていますが、2021年現在の年収はいくらくらいあるのでしょうか。

杏さんはバリバリに稼いでいるので、正直東出昌大さんからの子供3人分の養育費3万円がなくても充分にお子さまを育てることができる経済力をお持ちかと思います。

それにしても、東出昌大さんの不倫が原因で離婚しているのにも関わらず1人1万円の養育費ということで、あまりにも誠意が見られないと思う方が多いようです。

ただ、本当に東出昌大さんの現在の年収が少なくて、養育費1人1万円、計3万円が限界ということもあるのかもしれません。

そこで今回は、東出昌大さんの2021年現在と過去の年収はいくらくらいなのか調べていきたいと思います。

 

この記事で分かること

東出昌大さんの2021年現在の年収

東出昌大さんの不倫発覚前の年収

東出昌大さんの養育費1人1万円に対する世間の反応

東出昌大さんの2021年現在の年収

東出昌大さんの2021年現在の年収は175万円以上350万円以下かもしれません。

養育費は支払う側の年収・収入、子供の年齢、人数だけでなく、受け取る側年収・収入によっても変わってくるそうです。

子供3人の場合、養育費の平均金額は57,000円程のようですが、東出昌大さんの杏さんに支払う子供3人分の養育費は3人で3万円と報じられています。

養育費は子供の人数が増えれば倍になるというわけではないようです。

引用元:養育費算定表

こちらは養育費算定表といって、養育費の目安を計算するために使われる表です。

見にくいかと思いますが、2枚目の画像の黄色で印をつけたところをご確認ください。

縦の義務者が支払う側=東出昌大さんの

横の権利者が受け取る側=杏さんということになります。

 

杏さんの年収は5000万円程とも言われているので、最低でもこの表にある横軸権利者の年収を1000万円ということで見ていきます。

杏さんの年収が1000万円で受け取る養育費が3人で3万円の場合、義務者=東出昌大さんの年収は175万円から350万円ということが予測できます。

 

ただ、現時点で東出昌大さんからの養育費支払いはされていないようです。

月々の生活費が20万円だとすると、もし本当に3人分の養育費3万円を支払っていないということであれば、現在の年収は250万円以下かもしれません。



東出昌大さんの不倫前の年収

東出昌大さんの不倫発覚する前(2019年)の年収は1億円以上はあったのではないでしょうか。

東出昌大さんは2015年に杏さんと結婚してからかなり好感度も上がり、さらにはイクメンパパっぷりもみせていたのでかなり売れていましたよね。

実際に2019年にはドラマ3本、CM3本、映画1本、舞台1本とまさに売れっ子でした。

スポニチによると、東出昌大さんのC出演料は当時1本4500万から5000万するものもあったということです。

CM3本だけを考えても不倫発覚前は1億円は余裕で超えていたかもしれませんね。



東出昌大さんの養育費1人1万円に対する世間の反応

東出昌大さんの杏さんに支払っている養育費が1人1万円だったということに対して、多くの方が「ありえない」「プライドと責任は?」などと驚きと批判の声が集まっています。

実際のコメントを見ていきましょう。



まとめ

今回は東出昌大さんの2021年現在の年収や不倫発覚前の年収と東出昌大さんのお金にまつわる情報をご紹介しました。

不倫発覚後、離婚後に仕事は激減しているので2021年現在の年収はかなり低いかもしれませんが、これまでに稼いだお金の貯金はあるのではと思ってしまいますよね。

その貯金も、もしかすると莫大な額の違約金の支払いに充てられているのかもしれません。

将来大きくなった子供のためにも、父親としてせめてもの誠意をみせてほしいという気持ちもありますが、現在の状況では1人1万円の養育費が限界なのかもしれませんね。