ライブ・イベント

メトロック2021チケット倍率は?ライブ配信や一般発売日程についても!

2021年5月15日、16日にMETROCK大阪特設会場で『OSAKA METROPOLITAN ROCK FESTIVL』の開催がきまっていますが、ジャニーズWESTやKing Gnu、[Alexandros]も出演するということで話題になっていますね!

すでに2日間通しチケットの先行発売は受付終了していますが、1日チケットの先行販売の受付が現在されています。

METROCK2021は東京会場での開催がなく、さらにジャニーズWESTの出演となればチケット当選倍率が通常よりも高くなるかもしれませんね。

そこで今回はMETROCK2021のチケット倍率やライブ配信と一般発売について調べていきたいと思います!

 

この記事で分かること

メトロック2021チケット倍率

メトロック2021ライブ配信

メトロック2021チケット一般発売日程

メトロック2021チケット倍率

メトロック2021のチケット当選倍率は10倍と予想しました!

 

コロナ下でライブ参戦を見送る方も多くいると思いますが、同時に収容人数も減ります。

ジャニーズWESTが出演する5月16日のチケット倍率は過去最大になる可能性もありそうですよね!

チケット倍率の計算方法は以下の通りです。

チケット当選倍率=チケット申し込み数÷収容人数

それぞれの数字を詳しく確認していきましょう。

チケット申し込み数は?

チケット申し込み数を100,000人と仮定しました。

 

8万人動員したメトロック2017ではチケットは全日程完売しており、チケット倍率は20倍以上という情報もありました。

倍率が20倍だとしたら、160,000人の申し込み者数がいたという計算になります。

今回は大阪会場でしか開催されないこと、ジャニーズWESTやKing Nueのファンの申し込み者数が増えることを加味して、100,000人と仮定しました。

 

2017年のメトロックで関ジャニは一般チケット発売後に出演を発表しましたが、今回ジャニーズWESTの出演がすでに発表されています。

5月16日の出演アーティストはジャニーズWESTだけでなく、単独ライブのチケット入手が非常に困難なKing Gnuや[Alexandros]も出演することが決まっています。

ちなみにファンクラブ数の詳細は明らかになっていませんが以下のようなという情報もあります。

ジャニーズWEST 37万人~

King Gnu 20万人~

Alexandoros 3万人~

他にもMETROCK常連のPerfume、KANA-BOON、15日にもWANIMAやMAN WITH A MISSION、Novelbrightなども超人気アーティストが出演ということであればかなりのチケット申し込み数になりそうですよね!



収容人数は?

METROCK2021の収容人数は1日10,000人、2日間で20,000人と仮定します。

 

コロナ下でのライブ開催の収容人数は2021年4月現在、最大収容人数の50%以下もしくは10,000人までとされています。

METROCK大阪会場の最大収容人数の詳細は明らかになっていませんが、前述した通り、2017年の関ジャニが出演したメトロックではで8万人を動員したということです!

つまり平均して1公演で2万人は収容できるということなので、今回はMETROCK大阪会場は20,000人超えの施設とし、ガイドラインに応じて収容人数は1日10,000人としました。



チケット当選倍率は?

上記の数字を元に計算するとチケット当選倍率は10倍と出すことができました。

100,000人(チケット申し込み数)÷10,000人(収容人数)=10(チケット当選倍率)

つまり10人に1人が当選するといことです。

高い倍率ですが、不安な方は一般発売日には予定をあけておくのがいいかもしれませんね!

SNS上でチケット募集がされていますが、入場の際には身分証明書が必要です。

METROCK公式HPでチケット譲渡はチケトレを利用するように促されています。

高額転売にお気を付けください。



メトロック2021ライブ配信

メトロック2021のライブ配信は現在発表がされていませんが、配信を期待する声がたくさんあります!

2020年のMETROCKのリアルライブは全て中止になり『おうちでメトロック』がABEMAで配信されました。

2021年はMETROCK大阪会場の開催が決まったものの、東京会場の開催は見送られています。

コロナの感染予防のため現地でのMETROCK参戦をあきらめる方や、距離的にあきらめざるを得ない方はたくさんいると思います。

おうちでメトロックの評判はかなり高いものだったので、METROCK2021のライブ配信もされる可能性は高いのではないでしょうか!

新しい情報が入り次第こちらに追記します!



メトロック2021チケット一般発売

メトロック2021のチケット一般発売についての情報はまだ発表されていませんが、4月18日(日)午前10時からと予想しています。

過去のメトロックチケット一般発売の日程をまとめました。

2016年 3月27日(日)10時~

2017年 4月2日(日)10時~

2018年 3月25日(日)10時~

2019年 3月24日(日)10時~

2020年 3月29日(日)10時~

全て日曜日の午前10時から一般チケットが発売されています。

 

メトロック2021の先行受付チケットは2021年4月11日(日)までで、当落発表は4月12日18時からと決まってまっています。

一般発売は先行チケットの当落が分かってからになると思われるので、メトロック2021のチケット一般発売は4月18日(日)午前10時からと予想しました。



まとめ

今回はメトロック2021のチケット当選倍率やライブ配信、一般発売チケットについてご紹介しました。

昨年度メトロックは中止になってしまったため、2021年は開催が期待されますね!

コロナ下での開催ということで入場制限によりチケット倍率は高くなることがよそうされますが、ライブ配信にも期待したいですね!

無事にメトロック2021が開催されることを願っています。