ドラマ

ボンビーラブはやらせ?つまらないと低評価の感想の理由を考察!

2月23日に『幸せ!ボンビーガール』の恋愛企画『幸せ!ボンビーLOVE』が放送されましたが、「やらせ」や「つまらない」など低評価の感想が多く見られました。

テラスハウスやABEMAなどで放送された恋愛リアリティー番組はかなりの人気を集めていましたが、なぜボンビーガール発の新企画『ボンビーラブ』はつまらないと不評なのでしょうか。

今回はボンビーガールの恋愛企画、『ボンビーラブ』がつまらないといわれる理由を考察していきたいと思います。

 

この記事で分かること

ボンビーガール恋愛企画『ボンビーラブ』がつまらない理由

ボンビーガール恋愛企画『ボンビーラブ』視聴者の声

ボンビーラブがつまらない理由

ボンビーガールの恋愛企画『ボンビーラブ!』がつまらないと言われるのには3つの理由があると考えられます。

  • パクリ
  • 番組の趣旨に合っていない
  • やらせで売名っぽい

どれぞれ詳しく確認していきましょう。

ボンビーラブはパクリっぽい

ボンビーラブは『テラスハウス』や『今日好きになりました』などのパクリと言われていますね。

個人的にはABEMAで放送された『アオハルLINE』と似てるなと思いました。

アオハルはLINEグループでトーク→グループデートでしたが、ボンビーラブはLINEグループでトーク→個人デートでした。

コロナ渦でなければグループデートだったのでしょうか?

ただもう恋愛リアリティー番組はほぼほぼ同じように感じるので、パクリかどうかよりもキュンとするなど、いかに感情移入できるかが面白いかつまらないかのポイントになると思いました。

ボンビーラブは視聴者のニーズに合っていない

ボンビーガールの視聴者は、安い物件の家の造りや周囲の環境、DIY企画などに興味がある方が多いため、恋愛をメインにした『ボンビーラブ』はつまらないといわれているようです。

新企画『ボンビーラブ』に登場する人物は確かにボンビーで安い家賃やルームシェアをしながら生活しているようですが、視聴者が求めるような驚くような場所に住んでいません。

しかも『ボンビーラブ』はボンビーに焦点をあてているわけではなく、ボンビー同士の恋愛模様を放送する内容になっています。

これまでボンビーガールを見ていた方にとって、ボンビーラブはニーズに合っていない番組ということでつまらないと低評価されているのでしょう。



ボンビーラブはやらせで売名っぽい

ボンビーガールの新企画『ボンビーラブ』は確証は得られていませんがやらせの可能性はあるようです。

第1弾で出演していた寿司職人の「あこ」さんがボンビーラブ撮影後すぐに引っ越したなどのツイートをしていたようです。

撮影のためにボンビーガールを演じていたということでしょうか。

またあこさんは、元地下アイドルでTwitterには110万人以上のフォロワーがいる坊主の中の人(bozu_108)で、ノリさんもシェアハウスのメンバーでYouTubeチャンネルを開設しています。

女優志望とあったリサさんも、すでにスターレイプロダクションというりゅうちぇるなども所属する事務所に入っており、TikTokでも30万以上のフォロワーがいます。

他の恋愛リアリティー番組出演者もTikTokerや若手のモデルなどが出演しているので、それだけでやらせにつなげられるわけではありませんが、売名に関してはそうと考えられるのも仕方がないかもしれませんね。

 

また以前ボンビーガールで出演されたあおいさんもすでに芸能活動をされていた方だったということで、やらせだと批判が殺到していました。

また3000万円の借金があるラーメン店長は実は大阪の焼肉店の経営もしている社長だったことが発覚し炎上していました。

過去にやらせがあると、今回のボンビーラブの企画もやらせではないかと疑ってしまうのもしょうかないかもしれませんね。



ボンビーラブ視聴者の感想は?

ボンビーラブを実際に見た方の感想は「つまらない」「パクリ」「普通のボンビーガールがいい」というものが多かったです。

企画の時点で好感を持てず、ボンビーラブが終わるまではボンビーガールは見ないという方もいました。

一方でボンビーラブを見たことがきっかけで出演者のファンになったという方や、意外なカップル誕生で楽しく見れた方もいたようです。



まとめ

今回はボンビーガールの恋愛企画、『ボンビーラブ』がつまらないといわれる理由を考察し紹介しました。

低評価の感想が多い中、第2弾のボンビーラブも放送されるということで、一定の需要はあったということでしょうか。

第2弾のボンビーラブでは「つまらない」の低評価を巻き返すことを期待したいですね!