話題のニュース

【動画】菅首相の逆ギレぶら下がり会見の内容は?質疑応答まとめ

一部地域で緊急事態宣言を前倒しで解除決定がきまり菅首相がぶら下がり会見を行いましたが、不機嫌な応対をする菅首相に対し「逆ギレ」「普通に嫌な奴」などの批判が殺到しています。

ぶら下がり会見は18分、菅首相が切り上げるような形で終了しました。

今回は、なぜ記者会見ではなくぶら下がり会見だったのか、また菅首相のぶら下がり会見でどのような質疑応答があったのか内容をまとめていきたいと思います。

 

この記事で分かること

菅首相がぶら下がり会見をした理由

菅首相のぶら下がり会見での質疑応答まとめ

菅首相のぶら下がり会見への世間の反応

菅首相がぶら下がり会見をした理由

菅首相がぶら下がり会見をした理由は高額接待が問題にている山田広報官のことは関係ないということでしたが、野党や取材陣、国民からは「山田さん隠し」と思われているようです。

通常、緊急事態宣言解除のような大きな決定がされた場合、首相による記者会見が行われるものですが、ぶら下がり会見にした理由として、菅首相は以下のように話しいます。

  • 最後までの状況を見極めたうえで緊急事態宣言全体について記者会見を行うべき
  • 首都圏での解除の方向性が出てないため、総理大臣として国全体の中で発言は控えるべき

 

歯切れの悪いかんじですよね。

ぶら下がり会見、ぶら下がり取材とは?

記者会見は、取材される側が公式に会見の場所を設定するのに対し、「ぶら下がり取材」というのは、公式な記者会見の場ではなく、なかばゲリラ的に取材することを指していました。

公式に設定された記者会見ではないけれども、登退庁時など予定された時間やタイミングに立ち止まって取材に応じることを「ぶらさがり取材に応じる」と表現します

引用元:yahoo!ニュース

また、司会進行がいないのも大きな特徴の1つのようです。

 



菅首相のぶら下がり会見での質疑応答まとめ

18分で終了したぶら下がり会見での質疑応答をまとめました。

なぜ記者会見ではないのか。

高額接待を受けた山田広報官の問題が影響しているのか

山田広報官のことは全く関係ない。

3/7までは徹底して緊張感をもって感染拡大防止策を行うことが大事。

そのため記者会見のタイミングについては最後までの状況をみきわめた上で判断を行った後に緊急事態宣言についてきちんと会見を行うべき

 

対策本部で新たな国民へのお願いごとをしていますが、まずは国民の疑問に答えなければならないと思いますが、記者会見を行わずとも国民の協力を得られるとおもったのでしょうか?
あの~、今日こうしてぶら下がり会見をやってるんじゃないでしょうか。

まさに日本全体の見通しを明確に申し上げることができる状況の中でここは会見を行うべきと考えています。

 

ぶら下がり会見は通常5分程度で総理は立ち去っていますが、本日は時間をとって質問に答えてもらえるということですか?
必要なことには答えてるんじゃないでしょうか。

 

説明責任を果たすのであれば記者会見の方が良かったのでは?
全体を見た上で会見をするべきだと判断した。

いずれにしろ近々そう言う時が来るわけですから。

 

山田広報官は続投するのか、続投後は記者会見で山田広報官が対応をうけるのでしょうか
昨日ここで答えたとおりです。

 

ぶら下がりは記者の方から要請して行っている。

もし要請がなければ総理から言葉はなかったのか?

その前に会見の要請があったんじゃないでしょうか。

東京をはじめ3県全体として全国的な視野に立って行うというのは、まずそんなに時間が待たなくてあるわけだから、そうしたときにしっかりとそこはお答えすることが大事だとおもいます。

 

(医療の)専門家や関係者からは非常に強い懸念がされているのですが…
ですから基準を決めてるわけですから!基準はクリアしてるわけではありますから。

その上に立ってやはり油断することなくそれぞれのいろいろなことを考えているのではないですか。

 

数多く業者がある中で、東北新社だけがなぜこれだけ会食を重ねられたのか疑問を指摘する声がたくさんありますが、総理は疑問に思わないのですか?
私は全く承知しておりませんでしたので、そうしたことについてはしっかり襟を正していくべき
その総理には疑問には
ちょっと、どなたで?もう一度。

 

 

利害関係者との接待の問題で、総理主導で捜査委員会を作る考えはないのか?
いずれにしろ倫理法で決まってますからそこの遵守というのは色んな会の中でしっかりと徹底する。

そうしたことというのは当然のことではないでしょうか。

 

経団業者への支援は妥当だったと第三者委員会は断言しましたが、総理は妥当と考えてるか。

第三者委員会の報告を待たなければか妥当かどうかの判断はできないか?

私はどういう状況の中でそういう答弁されたかは承知していませんので発言することは控えたいのですが、いずれにしろ三者委員会ということであればそこの方向性をまつというのは自然なことだと思います。

 

総理は国民のあたりまえの政治と言いますが、接待があれば便宜を図られる、便宜を目的とすると考えられるのは当然ではないかという指摘があるかどのように考えられるか?
ですからそこのためにルールを決めてるんじゃないでしょうか

 

正式な記者会見とぶら下がり会見の違いをどういうふうに考えられるか?
それは皆さんが考えることじゃないですか?

 

今度の会見では質問等打ち切りなくお答えいただけるのですか?
おいや、私も時間がありますから。

でもだいたいみなさん出尽くしてるんじゃないですか?

先ほどから同じような質問ばっかじゃないでしょか。

よろしいですか?

 

顔だけでなく、記者の質問を最後まで聞かずに答えたり、2度目の質問をする記者に対し、「他の方よろしいですか。いや、2回目だから」といったり、机をたたきつけるような身振りをしたりとかなりいらだった様子でした。

記者が質問しているのに、「よろしいですか?もう」と立ち去ろうとした場面もありました。

最終的にもやはり「よろしいですか」と菅首相から会見をうちきり終了しました。



菅首相のぶら下がり会見への世間の反応

質問に対しても答えられていない様子や、いらだった様子の菅首相のぶら下がり会見をみて「都合の悪いことを聞かれると逆ギレか」「みっともない」などの声が多数ありました。

さらには「台本通りの記者会見と質疑よりも本性を見ることができて良かったと思う」という声もありました。

実際の反応を見てみましょう。


同じような質問になってしまうのは、質問に対して答えられてないと判断されているからですよね…。

回答として満足している国民はほとんどいないと思われますが、今回のぶら下がり会見によって菅首相の本性や能力を見られたという点では皮肉にも満足度はあったのかもしれません。



まとめ

今回は菅首相の逆ギレぶら下がり会見についてご紹介しました。

事前にある程度台本があるのような記者会見ではないので、菅首相は終始落ち着かない様子でしたね。

かなりいらだった態度も見受けられ、「逆ギレ」と思われても仕方のないような振る舞いでした。

まもなく1都3県の緊急事態宣言解除の記者会見も行われると思われますが、今度はどのような姿勢でのぞまれるのでしょうか。

また、山田広報官についての言及はあるのか、引き続き動向を見守りたいと思います。