話題のニュース

【2021年】緊急事態宣言2回目ディズニーは休園?チケットは?

2021年1月7日に2回目の緊急事態宣言が1都3県に発令されようとしています。

現在のところ飲食店の営業時間短縮要請と海外からの入国者の停止がメインの緊急事態宣言ですが園内に飲食店を含むディズニーランドやシーなどはどうなるのでしょうか。

前回は緊急事態宣言が発令される前、2月29日から、緊急事態宣言が解除されたあとも休園をつづけ6月23日まで約4ヵ月間救援していました。

今回は【2021年1月】緊急事態宣言2回目ディズニーは休園?チケットは?と題して2回目の緊急事態宣言発令後のディズニーリゾートの対応を予想していきたいと思います。

【2021年1月】緊急事態宣言2回目ディズニーは休園?

現段階では、ディズニーランドやシーなど、ディズニーリゾートの緊急事態宣言発令後の対応は明かされていません。

新しい情報が入り次第更新していきます!

考えられる対応としてあげられうのは以下のようなものではないでしょうか。

  • 再休園
  • 営業時間短縮
  • 飲食店の時短営業
  • 飲食店への入場制限
  • 園内全体への入場制限をあげる

国からの緊急事態宣言は飲食店の時短営業ですが、ディズニー園内では昼夜問わず飲食店に出入りがあります。

国からの要請通り飲食店営業を20時までにするだけでは、あまり意味のないものだと感じてしまいます。

もし営業を続ける場合は、20時までの飲食店時短営業とともに、園内全体と飲食店のこれまで以上の入場制限が必要になってくるかもしれません。

2020年1回目の緊急事態宣言時にはいち早く、より厳しくディズニーは対応してきました。

経済的にかなり困難な状況ではあると思われますが、今回も何かしらの独自対応をしていくのではないでしょうか。

【2021年1月】緊急事態宣言2回目ディズニーの購入済みチケットはどうなる?

緊急事態宣言2回目が発令され、ディズニーが休園となれば、チケットの払い戻しや有効期限の延期はされると思われます。

ただ、開園していて、自主的に行かないことを決めた場合、もしかするとチケットの払い戻しは難しいかもしれません。

ディズニーの購入済みチケットは基本的には払い戻しができませんが、2020年1回目の緊急事態宣言時には手数料等無しでチケットの払い戻しや有効期限の延長ができました。

チケットの払い戻しや有効期限延長手続きにはチケットの番号、予約番号、チケットの画像添付などが必要になってくるようで、手続きが煩雑なようだよ
おそらくチケットの払い戻しや有効期限延長可能になった場合は前回同様に手続き期限があるとおもうから、早めに手続きを済ませられるのが良いかもしれないね

現在販売されているチケットは日付指定のチケットなので、有効期限が伸びた場合は別の日を指定して選択する形になると思われます。

いつ落ち着くかわからない段階で別の日を指定するのは少し難しいかもしれませんね。

【2021年1月】緊急事態宣言2回目ディズニー成人式は延期

2021年1月11日に行われる予定だったディズニーシーで行われる千葉県浦安市の成人式は3月7日に延期することが決まりました。

例年ディズニーランドで行わていた浦安市の成人式ですが、今年は初のディズニーシーでの開催とあって、新成人だけでなく注目されていた方も多いのではないでしょうか。

場所を変更するのではなく、延期ということになって、浦安市にすむ新成人の方やご家族のかたにとっては嬉しい気持ちと不安な気持ちが両方あるかもしれませんね。

ディズニーでの成人式の延期が決まったので、通常営業も難しいのではないかと思われますが、どうなるのでしょうか。

【2021年1月】緊急事態宣言2回目ディズニー休園の可能性に対するネットの反応

多くの方は2回目の緊急事態宣言が発令されたらディズニーに行けなくなると悲しんでいる様子です。

しかし、緊急事態宣言が発令されても、ディズニーが開園されていれば行く気の方も多いようです。

行きたいところに行けない子供、行きたいところに連れて行ってあげられない親、どちらも気持ちが落ち込んでしまいますよね…

まとめ

今回は【2021年】緊急事態宣言2回目ディズニーは休園?チケットは?のタイトルでお送りしました。

入場制限をかけてコロナウイルス流行前と比べればずっと混雑は回避されていますが、それでも路面店やレストランなどの飲食店が含まれるディズニーリゾートは通常通り営業を続けるのはなかなか難しいところにあるのかもしれません。

1日でも早く、心置きなくディズニーを楽しめる日々が戻ってくることを願います。