話題のニュース

【動画フル】渡部健謝罪会見内容まとめ!質問と回答も!視聴者嫌悪感の矛先は?

2020年12月3日午後19時25分頃、アンジャッシュ渡部健さんの謝罪会見が行われました。

2020年6月18日に『週刊文春』で多目的トイレ不倫が報じられてから約半年、雲隠れのようにテレビから姿を消した渡部健さんが謝罪ということで、注目会見となりました。

「見たくない」「テレビに出ないでほしい」といういけんがありますが、やはり気になった方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は【アンジャッシュ渡部健謝罪会見内容まとめ!質問・回答文も!視聴者嫌悪感の矛先は?】のタイトルで、会見内容をまとめました。

渡部健謝罪会見フル動画

こちらが渡部健さんの謝罪会見フル動画です。

約1時間半という超長時間に及ぶ会見で度々汗を拭いたり、お顔も赤くなっていたりと渡部健さんの緊張した様子が伝わってきます。

アンジャッシュ渡部健謝罪会見内容まとめ

記者会見は1時間半を超えると超長時間でしたので、大まかにまとめると以下5つがポイントとなるのではないでしょうか。

▶これまでに報道されたことは概ね事実

▶現時点では離婚をしないと決まったわけではないが、佐々木希さんは一緒に頑張っていこうという気持ちでいてくれてる

▶今後の番組出演は何も決まっていない、何も答えることができない

▶YouTubeやコンビに関しても何も決まってない

▶意見や希望を言える立場ではないが、復帰したいという気持ちはある

記者会見は「この度、私がしてしまった大変軽率な行動により、多くの関係者の皆様に大変ご迷惑をおかけし、そして多くの視聴者の皆様に大変不快な思いをさせてしまったことを心より深くお詫び申し上げます。本当に申し訳ございませんでした」というから始まり、12秒間深く頭を下げた渡部健さん。

「そして騒動後にですね、こういった謝罪会見が大変このように遅くなってしまったこと、そして報道にもありました、大変不適切な場所での不貞行為、それに関しても深く深くお詫びs申し上げたいと思います。本当に申し訳ございませんでした」と改めて10秒ほど深く頭を下げられました。

その後約1時間半ノンストップで行われた記者からの質問に対し、一つ一つ丁寧に答えられていて「全て自分の不徳がいたすところ」としっかりと自分の過ちを認められていました。

色々な質問に対してどんな回答をするかはある程度準備されていたとは思いますが、かなり深くつっこまれる質問に言葉が詰まったり、答えになっていないところがありました。

アンジャッシュ渡部健謝罪会見質問と回答

続いて、アンジャッシュ渡部健さんの謝罪会見内で行われた質問と回答を要約してまとめていきます。

記者
記者
奥様(佐々木希さん)はB子さんと最後に会ったのは結婚前か後かを気にしていたが、どのように説明されたのですか
渡部
渡部
結婚前のことにできないかということで、相手女性に電話して卑怯なやり方なんですけど、口裏を合わせていただくような電話をしました
記者
記者
離婚ではなくてこれからも一緒にやっていこうということですか
渡部
渡部
じゃあ離婚はなしねということではなく、これからの僕自身の行動や生き方で信頼を回復してくれと、日々信頼を取り戻していくというか、そういった最中です
記者
記者
(佐々木希さんは)取り乱したりとかはなかったですか?
渡部
渡部
取り乱していました。「信じられない」や「なぜ」ということだったり…
記者
記者
そのなぜに対してはどのように
渡部
渡部
馬鹿なことをしてしまったと謝罪しました。
記者
記者
不適切な場所で数分間でその後メールを消せという指示と1万円という、これが本当にぞっとするというか驚いた行動だと思うんですが。なぜその場所
渡部
渡部
僕の自己中心的な、なんて馬鹿なことをしたのかと。最も本当に謝らなければならなりことで、本当に深く深く反省しています
記者
記者
(対価ではないなら)なぜ1万円を?なぜホテルに行かなかった?どういう1万円になる?
渡部
渡部
身勝手だなと思います。本当に。馬鹿で自己中心的で欲深い自分に付き合ってくれたと思います。

 

アンジャッシュ渡部健謝罪会見に対するネットの反応。嫌悪感の矛先は?

アンジャッシュ渡部健さんの謝罪会見に対するネットの反応はという一方で謝罪会見の内容よりも「見たくない」「気持ち悪い」という声も多かったです。

また「ガキの使いやあらへんで」への出演が事前にばれたことが今回の謝罪会見をするにつながったのではないかと思う方も多く「いまさら」という渡部健さんへ不信感を持つ方も多くいます。

不倫発覚後すぐに謝罪会見を開かず、雲隠れしたような形になっていたのは世間の反感をかうことになりましたね。

渡部健さんはすぐに謝罪しなかったことについても「大変後悔している」ということ、そして「週刊文春のインタビューで終わりになる」とも思っていたようです。

正直芸能人の不倫をわざわざメディアを通して謝罪会見を行うのは何の意味があるんだろうと思う一方で、今回の不倫現場が「多目的トイレ」ということだったのは問題ありですよね。

 

一方で深く突っ込みすぎる質問や無意味な質問を繰り返す記者に対して違和感や嫌悪感を感じられている方も多くいたようでした。

確かに質問内容が今回の不倫謝罪会見に適さない質問であったり、答えられない質問に対して執拗に繰り返し聞いたり、誘導に近い質問をしたりと、見ていられないほどの場面もありました。

 

今後のメディア出演については全て未定で、現時点では渡部健さんからは答えることができないということですが、今回の謝罪会見を期にいくつかの番組で改めて釈明などをされる可能性はありますね。


ただ、先に報道があった「ガキの使いやあらへんで」の公開は松本人志さんのツイートから予測するとお蔵入りとなりそうですね。

まとめ

今回は【アンジャッシュ渡部健謝罪会見内容まとめ!質問・回答文も!視聴者嫌悪感の矛先は?】のタイトルでお送りしました。

1時間半におよぶ超長時間会見。今年1月に行われた東出昌大さんの不倫謝罪会見が25分弱だったので3倍以上の会見ということになりました。

現時点では佐々木希さんとは離婚されない方向のようなので、何より1番にに佐々木希さんとお子さまのために誠心誠意尽くしていただきたいなと思いました。